【73歳の主婦-ドリアン慶子のテニス日記②】選手たちの試合での飲み物

さて今回はテニスの飲み物についてです。。。

テニスに「飲み物」は必須。




何時もテニスの試合を見て思うのですが、テニス選手はゲームが終わるごとにベンチに戻り、ペットボトルの水を飲む。

補水の為なのだろうけど、よく飲めますねという位の量を飲みます。だから、汗となり出ていくのですが、飲む量くらい出ていくから着ているシャツやパンツはビショビショに見えます<^^>ということは塩分も同様にして出ていくのですから、それも補給しなければならないはず。

ということは、飲んでいる水に見える飲み物は、ミネラルがたっぷり入った強壮剤のようなクオリティーのWATERということかしら?

ミネラルウォーター

そんな不思議にとらわれた私は、塩のソムリエですから、急に何年か前のノートを引っ張り出しました。

塩は本来生命と共にあったもので、あらゆる地球の生命にとって塩分は不可欠であります。体を形成する成分の約7割が水分で、そこに含まれる諸々で生命機能が維持されているのは誰でも承知のことですから、選手が飲んでいる水に見える物の成分が知りたくなりました。

我々人間の生命は海を背負って生まれ、進化を遂げた以上、生命が求める塩とは海水に含まれる自然のままの成分バランスを持った物でなければならないはず。


さてさて、選手たちは何を飲んでいるのかしら?人の体液の塩分濃度は0.9%だから、その為の飲み物、何でしょうか?携帯で調べたら、グリセリンローディングという水だそうです。

グリセリンを薄めた水は、細胞内まで水を満たすらしいです。

 

グリセリンローティング

細胞外液と内液があり、汗など体外へと出ていく外液は栄養素や酸素の運搬、老廃物の排出などの役割を担っている一方で、内液は主にエネルギー産出や蛋白質の合成といった代謝に関与しているらしい。

知らなかった!いや、習っているはず!忘れているのです。きっと本人自覚のないままに、認知症が静かに忍び寄っているのです。

ギャー、大変だ!!

ドリアン慶子   2021.02.22




カナダの新鋭ーデニス・シャポバロフとは何者か?ー

はじめに、ライターである私の自己紹介からさせて頂きます!

■ニックネーム しゅうせい
・出身:大阪
・年齢:20
・テニス歴:6~7年
・使用ラケット:YONEX EZONE98
・好きな食べ物:餃子、みたらし団子、赤福
・特技:利き茶、

現在は大学のテニスサークルで週1~2でテニスをしていて、休日にも友人とするほど、テニスが大好きです!
年に数回ほど大会にも出場しています。最近は、年齢と共にだんだん足が動かなくなってきていますが、、、、アセアセ

これから、テニスに関する情報を色んな角度から捉えて、発信していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

さて今回は今大注目の若手選手、現世界ランキング11

デニス・シャポバロフ(愛称:シャポ)について書きます。

ぜひお付き合いくださいませ!!


■シャポバロフのプロフィール

シャポバロブのプロフィールを明記しますね。まだ21歳です<^^>

・生年月日:1999年4月15日
・国籍:カナダ
・身長:185センチ、体重:75キロ
・利き手:左手、バックハンド:片手打ち
・使用ラケット:YONEX VCORE95
・使用ストリング:YONEX POLYTOUR STRIKE 125
・使用シューズ:NIKE AIR ZOOM VAPOR X

■ジュニア時代の活躍

シャポバロフは元プロテニス選手であった母親の影響で5歳からテニスを始めました。

幼少テニスのイメージ
幼少テニスのイメージ

やはりプロになる選手は幼少期の頃からテニスを始めている人が多いですね。錦織圭選手も5歳からテニスを始めたそうです。

そして、シャポバロブは2014年の全米オープンでは男子ジュニアダブルスの部で優勝しています。

2015年にはジュニア デビスカップにカナダ代表として出場し、カナダ初のタイトル獲得に貢献しています。

15,6歳で国を背負って戦っているなんて、凄すぎますね<^^>!

デ杯でのシャポバロフ
デ杯でのシャポバロフ



■プレースタイル

そして何と言っても、シャポバロフの武器は、長身から繰り出されるビッグサーブからのネットプレーです。

ネットプレー
ネットプレー

展開が早すぎて、瞬きする暇も無いくらい素早いんです<^^>

ここで余談なんですが、人間って1年のうちに9日をまばたきの時間に使ってるらしいですよ~

さて、本題に戻ります笑

シャポバロフのプレースタイルは、超攻撃的で、時に魅せる左手から繰り出される片手ジャックナイフは圧倒的にかっこいいですね!

シャポバロフ③プレースタイル
シャポバロフ③プレースタイル

シャポバロフのバックハンドを見ていると、テニスの王子様に出てきそうなレベルの威力です 笑。

まさにテニヌ!

テニヌ:テニヌとはテニスを超えた何かである。

テニスの王子様(イメージ)、テニヌ。
テニスの王子様(イメージ)、テニヌ。

フェデラーやワウリンカとはまた違った魅力のある片手バックハンドで、魅せるプレーも多いので、シャポバロフを好きな方も多いと思います。

彼のプレー集のYOUTUBEリンクを貼っておくので、是非とも皆さんに観てもらいたいです!

きっと彼のことを好きになってしまいますよ~!


■まとめ

シャポバロフ選手の魅力はまだまだこんなもんじゃないです笑。 彼は間違いなくTOP10に入って、グランドスラムで活躍をしてくれる選手です!

第二弾も検討中です。。。。

楽しみにしていただければ幸いです。笑

2021.2.24 しゅうせい 

 

【73歳の主婦-ドリアン慶子のテニス日記①】~挑戦~

初めまして、ドリアン慶子です<^^>

急に記事の依頼を引き受ける事になりました。73歳にして、このような仕事を請ける事は意外です 笑。「テニス」は観戦レベルですが、これから「73年間の人生観」をベースに好き勝手に書いていきます。

私のイメージですわ!

これから宜しくです💛





■~挑戦~

オーストラリアオープンが終わりました。。。
毎年のことではありますが、オーストラリアOPENテニスの試合、ワクワクドキドキです。新しく名前もなじみのない国や、選手の名前、新しい発見があり、ボケ防止にはどんな薬より良いと感じながら、ついつい家事を忘れ応援している私がいます。

オーストラリアオープン
オーストラリアオープン

今年は、体重を落とし39歳で頑張っていたセレナでしたが、大阪なおみにストレートで負けました。

そして試合終了後、彼女は中央まで進み出て、なおみが何故か日本人(?)らしくお辞儀をしながら挨拶する姿は微笑ましく、またそれをセレナが抱きしめ、何かささやいた姿は、とても素敵で、観ている側としては、

テニスはなんとエレガントなスポーツであることかと印象付けられました。

試合終了後の二人
試合終了後の二人

友好的で、人種を超えて、国を超えて仲良くする大切さを、テニスを通して教えてくれた彼女に乾杯よ!

いつも感じるのですが、狩猟民族と農耕民族の違いをテニスの試合を見ていて思います。選手が、時には追い詰められて声を出し吠えるなど、日本人の価値観からすればとんでもないスタイルで、凄い顔をして挑んでいく姿には、浅ましささえ感じますが、それを勇気と捉えて評価する外国の方々には驚きを隠せません。しかしその挑みの形でポイントをゲットできるのです。

挑戦するということは、自分を信じて挑んでいくことなのですね。

挑戦
挑戦

若い頃、お嬢さんテニスしかしたことのない私で、テニスのルールさえ試合の度に聞いていますが、人生は試合、人生は舞台、私が主役、運を味方に、確信を持ちながら、挑み続けること大切ですね。

73歳の私は夫と戦争の日々

ドリアン慶子 73歳  皆さんよろしくね♡
2021.02.22.

 

 

 

 

☆ドリアン慶子(プロフィール)、愛知県名古屋市出身(73歳)「東京台湾の会 名誉会長、東京愛知県人会 会長」



インタビュー企画第8弾!【特別企画】北山智也選手 x まもるのテニスノート(まもるくん)の対談!

皆さん、御無沙汰しております。グリップレンジャーズのレッドです!今年はもう1か月以上経ってしまいましたが、今年に入って初めてのインタビュー記事になります。

今年1回目は、プロテニス選手の北山智也選手とYoutuberのまもるのテニスノートの対談です。とても面白い記事が出来上ったと思います<^^>

2人共これから色んな面で「テニスを通じて活躍の場を広げていきたい!」と考えているので、皆様の参考になればと思います!

(写真1:左が北山選手、右がまもるさん1)
(写真1:左が北山選手、右がまもるさん1)



■北山選手 と まもるくんは初対面……

北山:こんにちは、無戦績からグランドスラムを目指している北山です!

まもる:こんにちは、まもるです。Youtubeで情報を発信しています。初めましてですよね?笑

北山:はい、SNS上ではよく拝見してます 笑

まもる:はい、自分もよく北山選手をよくSNSで見てます!かなりハードなトレーニングをされていますよね。

北山:去年はコロナで試合が全然なかったので、トレーニングに励みましたね。トレーナーがかなり自分を追い込んでくれているので、お陰様でかなり身体は良い状態ですね。

まもる:コロナ期間をかなりプラスに変えましたね!

北山選手:はい、精神的にも辛い時期はありましたが、プラスに変えましたね。まもるさんは、どうでしたか?

(写真2:コロナ期間の状況を話す北山選手)
(写真2:コロナ期間の状況を話す北山選手)

まもる:自分は今「ジュニア育成のコーチング」をメインでやっています。コロナで多くのジュニア大会が無くなり、目標を失いかけたジュニア達のケアが多かったですね。でも、今は皆前向きです。

北山選手:それは、よかったです!安心しますね。何かコーチングで意識されている事はありますか?

まもる:一番意識してる事は、その子のゴールに対してどう成長をさせていくか?です。

北山選手:なるほど!

まもる:例えば、その瞬間良くても長い目で見た時に成長できない時期が来る場合があるので、一番成功する確率が高いものを選ぶわけではなく成長する幅が広がるような選択肢を与えるようにしています。

北山:それ、解る気がします。「選択肢」って大切ですよね!

まもる:選択肢が多い方がその子の幅が広がります。その機会も与えていきたいと思っていますね。

北山:さすがです!

(写真3:左が北山選手、右がまもるさん①)
(写真3:左が北山選手、右がまもるさん①)

■理想のテニス選手

北山:まもるさんは「好きなのテニス選手」は、誰ですか??

まもる:王道ですが、フェデラーですね<^^>

北山:レジェンドです!

まもる:フェデラーが好き過ぎて、youtube上でフェデラーの動画を作ったくらいです。サーブを真似てみました 笑。フェデラーのファン層に叱られるかもしれません!

 

北山:かなりのファンですね。

まもる:北山選手は、どの選手が好きですか?

北山:自分はナルバンディアン選手です!フェデラーの天敵です。

まもる:フェデラーは、ナルバンディアン選手がホント苦手な相手でした。。。何故、ナルバンディアン選手?

北山:彼のポイントの取り方が好きですね!

あと、ネットプレーに繋げること、相手の逆を突くこと,オープンコートを作ること、めっちゃくちゃ上手いんですよ<^^>

まもる:ゲームメイクが滅茶苦茶上手いですよねー。

北山:なかなか真似できないですが!笑



■ウケットについて

(写真5:ウケットの写真)
(写真5:ウケットの写真)

まもる:自分がアンバサダーをしてる「ウケット」ですが、これから打ってみませんか?

北山:是非!当たるかな??笑 自信無しです。。。

まもる:大丈夫です。当たります。空振りは無いと思いますよ。では、早速打ってみましょう。

北山:はい!

(写真6:北山選手にアドバイスをする、まもるさん!)
(写真6:北山選手にアドバイスをする、まもるさん!)
(写真7:ウケットを試打する北山選手。)
(写真7:ウケットを試打する北山選手。)

まもる:ちゃんと当たってますね。<^^>

北山:意外といけますね!

まもる:ペースを上げていきます。

北山:これ、めっちゃ楽しいです 笑

まもる:さすがプロですね!

北山:これ練習になりますね 笑。これって、どんな効果があるんですか?

まもる:自分のスウィートスポットをちゃんと把握し、

ミート率を高めます!そして、コントロールの質を上げます。

北山:これは良いですね。ラケットの良いところ(真ん中)でボールを捉えるため意識付けになりそうです!

まもる:それも大事です!

北山:ラケットに戻して打ってみるとしっかりラケットの真ん中で打ててる気がします!レッドレンジャーさんに「ウケット」を頂けるか?聞いてみますね 笑

(写真8:北山選手のバックハンド)
(写真8:北山選手のバックハンド)

まもる:笑

■今年の目標

まもる:北山選手、今後の目標は何ですか?

北山:今年の1番の目標はグランドスラム本戦への一歩である世界ランキングを獲得することですね!

まもる:目標がブレてないですね。

北山:はい!ただ今の実力ではITF大会で勝ちポイントを獲得するのには十分ではないと感じているため、この1年は以前のように国内大会に頻繁に出場するのではなく、「技術」「フィジカル」をITFの遠征までにしっかり積み上げていきたいと思います。

(写真9:まもるさん)
(写真9:まもるさん)

まもる:フィジカルはコート上の練習以上に重要とフェデラーも言ってましたね。。。

北山:その通りです!また、遠征はもちろん普段の選手活動を支えてくださるスポンサーを見つけることも今年の目標です。

まもる:自分もスポンサーがほしいですね。。。

北山:まもるさんの今年の目標は?

まもる:自分は、よりYoutubeに注力していく事。そして、コロナが落ち着いたら「ウケットのイベント」をしたいと思っていますね<^^> まずは少しでも多くの方に自分の事を知ってもらう為に「地道に活動」をしていきたいと思います。

北山:互いに一緒に成長しましょう!

まもる:よろしくです!

(写真10:目標を語り合う二人)
(写真10:目標を語り合う二人)

■最後に読者の方に一言
レッド:最後に読者の方にメッセージをお願い致します!

北山選手:まだコロナは収まらないですが、今年は出場する試合のレベルも上げてグランドスラム本戦を目指していきたいと思います。まだ道のりは長いですが、応援を宜しくお願い致します。そして、また練習会(イベント)は開催するので、是非参加して下さい!これからも宜しくお願い致します!

まもる:今年もYoutubeを中心に活動をしていきます。自分はジュニアの指導を得意としていますので、この記事を見て「アドバイスがほしいと思った方」は遠慮せずにSNSやYoutubeからご連絡下さい!色んな方の手助けをしたいと思っております!こちらです。

<編集後記>

この2人のインタビューをして感じた事は、「コロナにも負けず、前向きに考えている事」。

北山選手は今年の試合結果がかなり重要になってくると思います。多くの方のご支援と応援をよろしくお願い致します。

まもるさんは、非常にアクティブな方!今はYoutubeとジュニア育成がメインのお仕事ですが、今後もっと新しい方を発信していきそうな雰囲気を持っていました。すごく論理的(ロジカル)な方なので、テニスのアドバイスがほしい方は気軽に連絡してみると良いと思います<^^>連絡先

・取材協力:桜田倶楽部 東京テニスカレッジ

・取材者:北山智也(プロテニス選手)まもるくん(Youtuber)

・インタビューワー:レッドレンジャー

レッドレンジャー

★「ウケット」木製テニス練習器具★世界が注目「尾脇兄弟」が使用!

世界が注目「尾脇兄弟」が使用する木製テニス練習器具!!

皆様、ご無沙汰しております。レッドレンジャーです<^^>

今年2020年は、コロナに奮闘された一年だったでは無いでしょうか?私はそうでした。。。私もその1人で御座います。

テニス関係者の方々は、本当に苦労された方が多かったと思います。

そんな「コロナ」の中、新しい商品を開発させて頂きました。木製テニス練習器具「ウケット」!!

アンバサダーの尾脇兄弟です!
アンバサダーの尾脇兄弟です!

海外(英語圏)では既に類似品「ポインター」という名で販売がされていまして、認知されています。その日本版を専用で開発致しました!!
※現在は海外の工場で製造していますが、2021年中に「日本製」にする予定です。



1.「ウケット」とは?

普段のスウィングがスウィートスポットを本当にとらえているのか?を確かめる「木製の打点チェック器具」」です。

正確にスウィートスポットで捉えるようになる事で、より打点の正確性を高める商品で御座います。

(写真5:ウケットの写真)
ウケットのイメージ

 

2.世界が注目する「尾脇兄弟」が使用して話題に!

世界が注目する「尾脇兄弟」もウケットを使用中!すでにSNSでアップされた動画が話題を呼んでいます!

このような安定感のあるショットを出せるのは、
日々の練習と「ウケット」のサポートが!!

勇之介君のバックハンド!
勇之介君のバックハンド!
康次郎君のフォアハンド!

3.テニスYouTuber「まもるのテニスノート」が監修!

今話題のテニスYouTuberの「まもるのテニスノート」のまもるさんも「ウケット」を監修して頂いております。

早速「まもるのテニスノート」チャンネルで、
・「ウケット」の特長と活用方法
・尾脇兄弟の「ウケット」の使い方
について、動画で解説していただきました。

【動画で解説】「まもるのテニスノート」×「ウケット」×「尾脇兄弟」

「ミートの感覚」の重要性を語って頂いてます!非常に解りやすい動画説明です。こちらです↓↓

尾脇兄弟を見て下さい!彼らの凄い点は「ミートを外さない点」です。

4.「ウケット」の3大特長

1.スウィートスポットを把握できる

皆さんは、自分がどのくらいスウィートスポットでボールをとらえているかご存知ですか?
ウケットを使用出来れば、当たっているか外れているかが明確になります。
うまくあたれば、ボールは飛びますし、少しでもズレればほとんど飛びません。
自分のミートする確率のチェックを「楽しみながら出来る」のは最高ですよね!

ウケットの3大特徴

2.インパクトへの意識が上がる

現在のラケットは、性能が良くミート時にラケットの真ん中に当たらなくてもある程度コントロールは出来てしまいます。ただ、うまく当たらない状態が続くと身体への負担もかかりますし、ラケットの機能を最大限に使えません。
インパクトする瞬間への意識を高め、より質の高いボールを打てるようになる為には、「ラケットの中心に当たっていない事実」に気づける事が重要です。

そんなちょっとした変化に気づけるアイテムこそが「ウケット」なんです。

3.コントロールの質が劇的に上がる

「ウケット」は、運動連鎖を使いながら、打点に対してまっすぐ当てない限りはボールがスッポ抜けてしまいます。

インパクト時の面の向きや体重のかけ方などコントロールを良くする為に必要なポイントを鍛えるには、最適なアイテムです。

もう一度、尾脇兄弟を見て下さい!彼らの凄い点は「ミートを外さないで、
さらにしっかりボールが飛んでいる点」です。尾脇兄弟をここまでの「ミートの感覚」を身に付させたのは、

「ウケット」のようなテニスサポートアイテムの存在が大きかったと私は思います!

 



5.「ウケット」の使用方法 等

使用方法は簡単です。普通のテニスラケットと同じように、使用してください。
まずは、球出しから始めてみてください。
慣れてきたら、ラリーも良いと思います(^^)

ウケット全体図

・材質:木製
・大きさ:縦59.5㎝ x 約横11.7cm
・重さ:約300g~約320g

※重さに変動の可能性有
※ケース等の付属品はありません

★資料はこちらよりダウンロードして下さい。

★「ウケット」の購入はこちら。

6.お問合せはこちら

ウケットに関するお問合せは下記より宜しくお願い致します<^^>

レッドレンジャーより

レッドレンジャー



【話題沸騰】「トロライン」のレビュー記事!多くのテニスサイトに取上げて頂きました!

皆様 こんにんち レッドレンジャーです<^^>

2020年8月30日にリリースさせて頂きました「TOROLINE」ですが多くの反響を頂いております!

商品イメージ

お陰様で販売も好調で御座います!これも応援して下さる皆様のお陰です。本当に有難うございます!

多くのサイト運営者・YOUTUBERの方々が「商品レビュー」を書いて下さいました。


■RACKET LABO

トロラインの特徴を具体的に書いて頂いて、他社メーカーとの比較もして頂いております。RACKET LABOさん、有難うございます!

RACKET LABO
RACKET LABO

記事はこちらです。

■テニス上達奮闘記

人気のキャビア(黄色ストリング)について、詳しく書いて頂いております。テニス上達奮闘記さん、有難うございます!

テニス上達奮闘記
テニス上達奮闘記

記事はこちらです。


■かじの庭(Youtube)

動画で「キャビア(黄色ストリング)、アブソルート(黒色)」の打球について、詳しく解説して下さっています。かじの庭さん、有難うございます!

かじの庭(Youtube)
かじの庭(Youtube)

動画はこちらです。

「トロライン」はこれからは多くのテニス愛好家に、良いサービスを提供していきたいと思います。

商品のご購入はこちら

【お問合せ先】
合同会社IRUKA
トロライン事業部
TEL:050-5360-7418

レッドレンジャーより

レッドレンジャー

尾脇勇之介君の「バックハンド」について!

こんにんち レッドレンジャーです<^^>

先日Wilsonとの契約が決まった尾脇兄弟ですが、何かと話題を呼んでいるのがお兄ちゃん(勇之介)のバックです。

あのチチバスが褒めるほどの「片手バックハンド」は芸術的!

今日は世界が認める「尾脇勇之介君の片手バックハンド」に注目をしていきたいと思います!この写真を見てもらうとよーく解ると思いますね。



早めのテイクバック
早めのテイクバック
ボールをよく見てる。。。セットポジション
ボールをよく見てる。。。セットポジション
少し前に打点をおいて、思いっきり振り抜く!
少し前に打点をおいて、思いっきり振り抜く!
少し前に打点をおいて、思いっきり振り抜く!
少し前に打点をおいて、思いっきり振り抜く!

軸がぶれず、テイクバックも早く、ボールをしっかりスィートスポットでミートしている<^^>

もちろん球出し練習をかなりした‘練習の賜物`ではあるが、勇之介君の頭の中で良いイメージがあるんだと思う!

彼のバックハンドを見て気づいた方は多いと思うが、「フェデラー」とそっくりである。

フェデラーのバックハンド
フェデラーのバックハンド



勇之介君の頭の中には、フェデラーの良いイメージがある!これは非常に大事な事である。

この尾脇勇之介君の素晴らしいバックハンドは、「練習」+「良いイメージ(フェデラー)」によって出来上がったものだと思う。

尾脇勇之介君のバックハンドは、こちらから見る事が出来ます。クリックして下さい!!

勇之介君はフェデラーが大好きなので、いつかコラボを見たいものです<^^>実現したいですね 笑

そして日本人選手として、この「片手バックハンド」を世界に披露してしほしいですね!!

皆さま、これからも尾脇兄弟の応援を宜しくお願い致します。

レッドレンジャーより

レッドレンジャー

スマートに収納!テニスプレーヤーの為の【コンパクトバッグ】

皆さん、こんにちはレッドレンジャーです。この度、新商品を開発しましたので、お伝え致します!!

スマートに収納!「テニスプレーヤーのための【コンパクトバッグ】」です。テニスプレイヤーのお悩みの解決する商品です。

■新コンセプトのテニス用「コンパクトバッグ」

テニスプレーヤーのお悩みの1つ、ラケットバックが「大き過ぎる、かさばってしまう、ジャマになってしまう、もう少しコンパクトに収納できるバックがほしい」という声をもとに開発したのが、この【コンパクトバッグ】です。

【コンパクトバッグ】は、テニスウエア、テニスシューズを収納できる収納力はありながら、無駄に大きなサイズにならないようコンパクトな設計で、必要十分なサイズに仕上げました。

このバックは「tennis365」にて、絶賛クラウドファウンディング中で御座います。

■開発者の想いから生まれたバッグ

このテニス用バッグを開発は、私レッドレンジャー自身が以前からテニスバッグに悩みをもっていました。

一般的に発売されているラケットバッグは、
「サイズが大きすぎる」
「バッグ本体が重い」
「派手なカラーリングやデザインのものが多い」

もちろん、ラケットを3-4本持って試合に臨むような競技志向の高いプレーヤーや、学生プレーヤーには必要な大きさ・仕様だとは思います。
ですが、私のように週に1回程度、近所のテニスコートや会社近くのコートでプレーをするようなテニス愛好家には、必要最低限のサイズのバッグの方が使い勝手が良い。。。

さらに電車で移動したり、ビジネスカジュアルの服装でも持ちやすいようなシンプルなデザインが欲しい。。。そんな思いから、今回【コンパクトバッグ】を開発するにいたりました。私自身は、ラケットはソフトケースに入れて、バッグとは別で持ちますが、テニス用トートバッグのようにラケットのフェイス側をバッグに差す事もできますので、お好みでお使いいただきたいと思います。

■5つの特徴

1.コンパクトサイズで手軽感
横幅49cm ×高さ26cm というコンパクトサイズ2.シンプルなデザインで使い勝手
シンプルなグレーの1トーンカラーで、落ち着いた素材感のオックスフォードFabricを採用しているため、テニスに限らず日常での使用にも適しています。
3.シューズ専用ポケットを搭載し、収納性
ラケットバッグのように、バッグのサイド部分にシューズ収納専用ポケットがあります。4.持ち運び
手持ちと、肩掛けの2WAY仕様が可能です。5.コストパフォーマンス
より多くの方に、手軽に使っていただきたいという思いから、お手頃な4,000円(税込)の価格設定にしました。

■製品仕様

・サイズ:横幅49cm × 高さ26cm × 幅29cm
・重量:約620グラム(ストラップ含む)
・色:グレー
・素材:オックスフォードFabric

このバックは「tennis365」にて、絶賛クラウドファウンディング中で御座います。

こちらの商品についてのお問合せは、私レッドレンジャーまで!!

よろしくお願いいたします。

レッドレンジャー

レッドレンジャー

マインドフルネス瞑想の方法【-テニス初心者向け5STEP-】

皆さん、こんにちは レッドレンジャーです!!!

皆さんご存じ、プロテニスプレイヤー「ノバク・ジョコビッチ」選手も取り入れていると話題な「マインドフルネス瞑想」。その他にも、多くのアスリートやあのGoogle社でも実践しているようです。

今日は、そんなマインドフルネス瞑想を取り上げていきます。

マインドフルネスとは、「『今、この瞬間』の自分の心を大切にする生き方」の事です。最近ではどのような界隈でも重要性が認められている、「自分の心をコントロール」する技術(手段)の一つです!

■今回の目次

A.マインドフルネス瞑想の効果
1.ストレス軽減
2. 集中力の向上
3. 冷静な判断ができるようになる
4. 幸福感が高まる(QOLの向上)

B. マインドフルネス瞑想の方法5STEP
C. マインドフルネス瞑想は継続が大事

A.マインドフルネス瞑想の効果

マインドフルネス瞑想は身体疾患や精神疾患など様々な症状で有効性が実証されています。
今回は、マインドフルネス瞑想によってどのような効果をテニスで得られるのか。また、日常生活ではどのような効果が得られるのかをご紹介します!

■1.ストレス軽減

マインドフルネス瞑想にはリラックス効果があり、鬱病の方にも効果があると言われていて、実際にその治療法として実践されることもあります。

人には喜怒哀楽がありますよね。その時、心は現在に注視されず、過去や未来を見ていることが多いです。
マインドフルネス瞑想で「今、この瞬間」に注意を向けることができるようになれば、そのような不安な思考から離れることができます。

■2.集中力の向上

マインドフルネス瞑想では1つのこと(今、この瞬間)に集中するので、その副次的な効果として集中力の向上にも繋がります。

■3.冷静な判断ができるようになる

マインドフルネス瞑想をすることで、「あ、今自分は怒っているのか」と捉えることができるようになり、自分自身を客観的に見ることができるようになります。

客観的な思考が出来るようになれば、冷静に物事を判断することが出来ます。

■4.幸福感が高まる(QOLの向上)

マインドフルネス瞑想を継続的に行なっている人は行なっていない人に比べて、幸福感が高まりやすいと言われています。
もちろん、「冷静な判断ができるように」なれば、不安や絶望に陥ったときでも自分をコントロールしてそのような感情を軽減できるでしょう。

■B.マインドフルネス瞑想の方法5STEP

マインドフルネス瞑想には様々な方法があります、ここでは簡単に実践出来る5STEPをご紹介します。

1. 床もしくは椅子に座る
2. 姿勢を整えて座る
3. 肩の力を抜き、リラックスする
4. 自分の呼吸に意識を持っていく
5. 意識が別のことに移っても、再度自分の呼吸に意識を戻す

1~3が準備で4~5が実際にすることですね。時間は3分程度から始め、慣れてきたら15分程度を目安に続け、最終的には30分を目指すといいでしょう。

■C. マインドフルネス瞑想は継続が大事

マインドフルネス瞑想は1度行うだけで効果が出るというものではありません。毎日続けていくことで、効果を感じられるようになります。こちらも副次的な効果として、忍耐力の向上に繋がります。

ただし、効果を得る為に行うという考え方ではなく、結果的に効果が得られたというような感覚で無理のない範囲で行い、習慣にしていきましょう!

「テニスコーチ-JUNBLOG-」からの引用になります。

レッドレンジャー

レッドレンジャー

【レジェンド-アンドレ・アガシ-】の名器は?Part1

私レッドが大好きなプロテニスプレイヤーの事を書きたいと思います。この記事は長いので、2回に渡って書きたいと思います!彼がいなかったら、私はテニスをして無かったかもしれません<^^>

それは、元世界ランキング1位テニス界のレジェンド「アンドレ・アガシ」です。絶大な影響力がある選手でした。。。

現在のアガシ選手、奥様の元世界1位のステフィー・グラフさん と....
現在のアガシ選手、奥様の元世界1位のステフィー・グラフさん と….

彼のテニス人生は本当に波乱万丈ものでした。ランキングもトップ10から一気に100位代まで落ち、離婚も経験しカムバックして世界ランキング1位まで登りつめました!

四大大会を制覇し、オリンピックでも金メダルを獲得しました。ゴールデンスラマーですね。あのロジャー・フェデラーも成し遂げていません。

そんな「アンドレ・アガシ」選手が現役時代に使用していた、名器(ラケット)を彼の歴史を辿りながら振り返っていきたいと思います。アガシ選手を支えたラケット達を紹介いたします<^^>

「アンドレ・アガシ」選手は色んなラケットを使用されていましたが、その1部をご紹介させて頂きます。※私が勝手に、ラケットに合わせてカテゴリを分類させて頂きました。



■誕生期(プリンス-グラファイト)

アンドレ・アガシは、1986年に16歳でプロ転向。1988年くらいまでプリンスのグラファイトを使用していました。ジュニア時代からずっと「グラファイト」愛好家だったようです。今はHEADのイメージが強いので、アガシがグラファイトを使用していた事を知らない人は多いようですね<^^>

グラファイトといえば、あの錦織選手のコーチもしている「元世界ランキング2位のマイケル・チャン2位」のイメージが強いですね<^^>

グラファイトを使用していた時のアガシ選手のイメージがこちらです。しかし、若いですね~。この姿に多くの人は魅了された。

ロン毛にピアス、そしてジーンズの短パン!

グラファイトを使用していた頃のアガシ選手
グラファイトを使用していた頃のアガシ選手
海外の雑誌表紙を飾ったアガシ選手
海外の雑誌表紙を飾ったアガシ選手

1988年は全仏オープンと全米オープンで初のベスト4に入り、ATPツアーでも年間6大会に優勝。18歳にして年間最終世界ランキング3位でございます。ここからアガシ選手の歴史が刻まれます。。。。

■成熟期(ドネー-プロワン-)

アンドレアガシ選手の個性を象徴していたのがこのラケットです。「ドネー-プロワン-」です。性能・機能性は個人的には「イマイチ」ですが、

とにかくカッコ良いのです<^^>!!!!

そのラケットがこちらです。

アガシ選手が愛用したラケット!ドネープロワン
アガシ選手が愛用したラケット!ドネープロワン

1992年のウィンブルドンで赤い「ProOne」で優勝したのが、凄く印象に残っています!ビッグサーバーのイバニセビッチビッチ選手との決勝戦は熱いです!!

このドネー「PRO ONE」の裏話が1つ<^^> 実は契約当初は、アガシ選手の父がPRINCE グラファイトにペイントジョブをしていたそうです 笑。
後に完全カスタムで作ったのが、この「PRO ONE」という事です。
カスタムチームが苦戦したのは、グラファイトにあるダブルブリッジを使わずに、同じ安定感を出すという事!繰り返し試作品を作り、何十回もアガシ選手に「NO!」と言われ、やっと出来上がったのがこの「ProOne」でした。

アガシ選手は、プロワンのデザインは凄く気に入っていたようです。
アガシ選手は、プロワンのデザインは凄く気に入っていたようです。

出来上がった時には、「これが僕の欲しいものだ!」と言って、直後のインディアンウェルズの大会にこのラケットを使ってプレーしました。その時はまだブラックコスメのままでしたが、「自分でやるよ!」と言って、
自動車用のスプレーでササっと塗り直して出来上がったのが、このデザインだったそうです。
ケブラーストリングも良く使用し、現在のハイブリッドに通ずる先駆者だったのかもしれません。

アガシ選手はこのような面白いエピソードが沢山ありますね<^^>

黄色の方が初期モデルですね。こちらもご紹介します↓

黄色のプロワンでプレーする、アガシ選手。
黄色のプロワンでプレーする、アガシ選手。



■まとめ

アガシ選手の歴史は長いので今回はPart1として、「成熟期」をお伝えしました。如何でしたか?<^^>

アガシ選手を好きな方も知らなかった方も楽しめたかと思います!

次回は「変換期(ヘッド-ラジカルツアー-)」を楽しみにしていて下さい。記事内容が纏まったら、配信致します。

レッドレンジャーより

レッドレンジャー